営業マン向け転職サイトのおすすめ1位

営業マン向け転職サイトのおすすめ1位

営業マン向け転職サイトのおすすめベスト1

年収500万円以下なら登録するべき転職サイト

リクナビNEXTは業界ダントツ1位の実績

リクナビNEXTは採用数、登録会員数も業界1位で確立されたメガ転職サイトとして知名度が高いですが、意外にも有名サイトの登録をせずに高収入特化型サイトばかりを登録している人が多くいます!

そして何より、登録して面倒になった、一度は転職を断念したまま登録情報やレジュメの更新をしていない人が圧倒的に多いということです。

リクナビNEXTは、営業系求人を多く抱えており、エージェントからのオファーと比べて自分の給料提示額が高いか低いかなどのジャッジにも役立ちます。

そして、何より驚くほど良い条件もプライベートオファーにはあります。

(リクナビNEXTに登録するだけでオファーやスカウトも受けられます)

リクナビNEXTは確実に転職を成功させるならば、抑えておくべき転職サイトです。

登録しても自己紹介などがスカスカで空欄だらけ、希望職や年収などもざっくりにしか記載しないなど、もったいない使い方をしないで、思い切りリクナビNEXTを活用してみると、驚くほど良い条件の求人と巡り合います。

もちろん私も、利用していましたし、今でも同じ業種の求人情報が気になるので情報収集にも活用しています!

リクナビNEXT公式サイトへ 登録済みのレジュメを確認する

リクナビNEXTはエージェントにはない魅力がある

リクナビNEXTの有効活用は選択肢を増やすことができる

リクナビNEXTの魅力は、利用方法が非常に多いことです。

個人で求人情報を集めて応募するのはどこの転職サイトでもできますが、転職業界1位の情報量はどれだけ優秀なエージェントやヘッドハンターでも扱いきれない案件数があります。

 

私のリクナビNEXTでの転職経験

私がリクナビNEXTに登録したのは、営業マンではなく『販売職』をしていた頃でした。

たくさん給料が欲しいと思っていたし、カッコいい職場に憧れていました。

そんな中、ラグジュアリーブランドを候補にしていた時、プライベートオファーでレディースのファッションブランドのマネージャー職を紹介してもらったことがありました。

私自身、求人を探すときにレディースのファッションブランドをまさか候補には入れないので驚きました。

年収も当時270万円ほどだったのが350万〜400万円提示で家賃補助に月額5万円(年間60万円)と言われリクナビNEXTは自分の中で転職マストサイトになりました。

それから、実際1社はリクナビNEXTで転職して採用され、転職をした経験があります。

私のリクナビNEXTでの転職経験2

その後、年収が700万円くらいになった時にリクナビNEXTでプライベートオファーをいただいたことがありました。

その求人案件は営業職の私に、外資系銀行の管理職候補として海外駐在の仕事をもらったことがあります。

その時も驚きました。

営業職で学歴もない自分に、『銀行』という金融業界へのアタックチャンスをもらったのです。

年俸1200万円という夢のような金額で、私はダメ元でエントリーしました。

残念ながら、ご縁はありませんでしたが、営業職がまさかの世界で信用されるバンカー(銀行員)になれるチャンスがあるなんて夢のような話です。

もちろん、それだけ限られたポストにマッチングするにはこまめに、今の転職状況を書き込むなどレジュメ(職務経歴)を充実させるなど努力は必要ですが、一生を変えるチャンスに巡り合えるチャンスにもつながります。

リクナビNEXTに登録してみる レジュメを見直す ログインできるかトライする

 

WEBライターの紹介: Yoshi

1981年生まれAB型

アパレルメーカー勤務後、人材開発・トレーニングを担当。

人事業務に携わり、中途採用・キャリア採用を主に担当。

その後独立、国内企業のCSR調査事業を某大手コンサルティング会社のサポーターとして参加し、その後就活セミナーやベンチャービジネスのゲスト講師として講演活動をスタート。

大阪の大学でベンチャービジネスなどの講義を担当し、執筆業を開始。

共同出版にて出稿、大学内の広報誌で2期出稿。

現在は、WEBライターの他に、転職やキャリア形成のアドバイザーとして活動中。

➡︎Yoshiの収入やお金事情はこちらの記事にあります

➡︎WEBライターとしてビジネススキームの紹介はこちらの記事にあります

hiro.m0603@gmail.com

全ての仕事のオファーや取材等は代表メールアカウントにお願いいたします。

転職カテゴリの最新記事